子ども発達インストラクター講座

子どもの発達障害と支援について専門的に学べる!心理専門スクール

オンライン(ZOOM)でも受講できます!

子どもの発達障害について正しい支援を学ぶ

こんな講座です

こどもの発達障害(神経発達症)について正しく理解し、
日常の困りごとへの対応、学校でのトラブル、子どもが抱える困難、家庭で出来る支援、2次障害の予防について、総合的に学べる講座です。

「子ども発達インストラクター」の認定資格が認定されます。

広汎性発達障害、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)、SLD、グレーゾーンなど

こんな方におすすめ

  • 発達障害(神経発達症)の特徴をしっかりと学びたい方
  • 日常の困りごと(パニックや集団生活など)への対応を学びたい方
  • 発達障害の子どもを育てる親の 将来への不安を解消したい方
  • 集団生活での困難を解消する方法を知りたい方
  • 発達障害児の支援方法を学びたい方
  • 発達障害児との適切なコミュニケーションを学びたい方
  • 教師、教育関係者、スクールカウンセラーの方

発達障害専門家(元スクールカウンセラー)三浦くみ子が、実体験と心理カウンセラーとしての知識から、発達障害児との関わり方を教えます。

発達障害専門家 三浦くみ子

発達障害専門家 三浦くみ子

最近では「発達障害」という言葉をよく耳にするようになりました。

何かしらの特徴的な凸凹をもった子どもは、小児期で 8~11%いると言われており、小学校では 1 クラスに 1~4 人いることになります。

男女比では 4~6:1 と圧倒的に男子が多いことも分かっており、とても身近なことなのです。

  • 自閉スペクトラム症(ASD)
  • 注意欠如・多動症(ADHD)
  • 限局的学習症(SLD)
  • アスペルガー症候群

など発達障害の中には様々な特徴があります。
そして、それらを単独に持っているとは限らず、いくつかの特徴を持ち合わせている場合もありますし、診断がつかずグレーゾーンと言われている子もたくさんいます。

発達障害は「脳の神経系の発達の不具合」

少しずつ世の中の理解が進んでいるとはいえ、
発達障害の特性を「自分勝手」「わがまま」「周りを困らせる子」など思われ、
「怠けている」「親の育て方が悪い」などと批判されることも少なくありません。

周囲からの批判によって、本人も保護者も、自己肯定感をそがれてしまいます。

2013年5月に、米国精神医学会の診断基準 DCM(精神障害の診断と統計の手引き)が、19 年ぶりに改訂され、DCM-5 が発表されました。

それに伴い日本精神神経学会では「神経発達症群」と訳することを提案しました。

つまり、子どもが怠けているわけでも、親の育て方が悪いのでもなく、

“脳の神経系の発達の不具合”が想定される

ということが明らかになってきたのです。

 

子ども達はみな成長の途中であり、変わっていきます。

そもそもどこからが神経発達症なのか、健常児との境界はありませんし、一度診断名が付いた子どもでも、成長と共に、そして周りの人達の関わり方により、まったく違う状態になることが出来るのです。

それでも、日々の生活の中で、子ども達のさまざまな特徴が周りを困らせたり、本人が混乱しパニックを起こしてしまうことがあります。

それによって周りからは「困った子」とレッテルを貼られてしまうわけですが、
困った子どもは、困っている子どもなのです。

講座の資料より

子ども発達インストラクター講座の資料より

発達障害は素晴らしい『ギフト』

さまざまな特徴を持っている子ども達は、

才能に溢れ、私達の思考を柔軟にし、私達の生活を豊かにしてくれる創造性をもつ、まさに“天才児”なのです。

子どもたちがのびのび健やかに成長できる世の中になるように、”子ども発達インストラクター”は今まさに求められています。

保護者の将来への不安を軽くする

発達障害の特徴をもつ子どもの保護者は、我が子のことを可愛いと思いつつも、大きな不安を抱えていらっしゃいます。

  • 「うちの子は発達障害なの?」先生から「検査してきてください」など、言われるたびに不安になる。
  • 「発達障害」と診断されるのが怖い
  • 小学校、中学校などでちゃんと周りについていけるのかしら
  • 障害について理解していない先生の指導で、子どもが傷つけられたらどうしよう
  • 今後、知的や更なる障害が見つかったらどうしよう
  • この子は大人になって、自分で生きていけるのかしら
  • 私が死んだあと、この子はどうなるのかしら
  • この子が健常児だったら・・・
  • なんで、自分たちだけ普通の子育てができないんだろう

このようは、保護者の方が抱えている たくさんの不安を解消できます。

子ども発達インストラクターに出来ること

『子ども発達インストラクター講座』は、
よくあるペアレント・トレーニングとは一線を画した、本格的な支援方法が学べる講座です。

*発達障害(神経発達症)の特徴をもつお子様の子育てが学べます。

*保護者、教育関係者、支援者などのための、集団生活での支援方法が学べます。

*子どもの対応に困っている、保護者にサポート方法を伝えることができるようになります。

こんなことも学びます

◆ 全般的な“子どもの成長”についての基本な理解

◆ 症状名や凸凹の特徴、薬物療法の知識と意味や、治療の最前線

◆ トラブルの起きやすい学校生活や友人関係など、社会生活での「困り感」に対する対応方法

◆ 陥りやすい二次障害とその予防

体験談
[体験談]発達障害の息子が新しい世界を見せてくれて、私も毎日とても楽しいです。【子ども発達インストラクター講座】

講師からのメッセージ

 

講座の詳細

時間・回数

2日間 (4時間 ×2回)

受講料

37,000円(税込40,700円)

※受講料、教材費、認定証発行手数料含む
※全国心理技術普及協会認定「子ども発達インストラクター」資格が発行されます。

再受講: 4,400円/1日

日程について

4月開催 その1

1日目
4月9日(木) 10:00~15:00
2日目
4月10日(金) 10:00~15:00

4月開催 その2

1日目
4月11日(土) 10:00~15:00
2日目
4月12日(日) 10:00~15:00

4月開催 その3

1日目
4月18日(土) 10:00~15:00
2日目
4月25日(土) 10:00~15:00

4月開催 その4

1日目
4月24日(金) 10:00~15:00
2日目
4月27日(月) 10:00~15:00

ココがポイント

※1日目と2日目を別のコースで受講することも可能です。
2日目を別コースで受講されたい方は、申込フォームのメッセージ欄にその旨をご記入ください。

オンラインでの参加について

ZOOM(オンラインミーティングルームシステム)を利用して、遠方の方もご参加いただけます。

カメラ付きパソコン、スマホ、タブレットからご参加いただけます。

オンラインでの参加は、テレビ電話を使って実際の講座に、リアルオンタイムで参加して頂くイメージです。
録画された過去の講座をご覧いただくものではありません。

テキストは事前に郵送しますが、日程が近い場合はデータをメールにてお送りします。

※ZOOMにてご参加希望の方は、申し込みフォームの「ZOOMで参加する」に必ずチェックを入れてください。

お申込みフォーム

お名前 (必須)

ふりがな

ご連絡先メールアドレス(必須)

ご連絡先お電話番号(必須)

郵便番号(必須)

ご住所(必須)

参加日程をこちらからお選びください (必須)

ZOOMで参加する方はチェックを入れてください (任意)
ZOOMで参加する

お支払方法(必須)
銀行振込クレジットカード

ご質問などございましたら自由にお書きください。

上記内容で送信しますが、よろしいですか?いま一度ご確認いただき、正しければチェックを入れていてください。(必須)

キャンセルポリシー

・ 2営業日前までのキャンセルについて
講座の2営業日前の営業時間内であれば、申込者からの申し込み撤回又は契約解除の申し入れには、無条件でこれに応じ、受領した金銭全額を速やかに返還するとともに、理由の如何を問わず解約手数料等の請求をしないものとします。
ただし振込みにて返金の場合は、振込手数料は申込者負担とさせていただきます。
営業時間:月~金 10:00~16:00(祝日除く)

・それ以降の受講キャンセルについては如何なる理由があっても返金致しません。

 

受講された方の感想

30代 主婦 女性

今、困っていることに対しての対処法や、子供の思いを説明してくださり、即実践できたので、とても助かりました。受講するごとに、少しずつ考え方が定着し、ストレスなく実践できるようになってきた気がします。

また是非受けたいと思きます。ありがとうございました。

40代 保育士 女性

楽しく参加させていただきました。

今、悩んでいる事、分からなかったことを再確認できたことがたくさんありました。大変勉強になりました。ありがとうございます。

40代 保育士 女性

言葉のかけ方、行動をほめることが大切だと改めて気付きました。

言葉は短く「~しません」「~します」は早速使ってみます。保護者との信頼関係も改めて考え直していきます。

30代 主婦 女性

困った行動(と思われている)を持つ子供たちや、そのお母様たちに自分から何を伝えられるかをいつも考えています。今回の講座で、もっともっと伝えたいことが増えました。

言葉によって人の心がどんな色にも染められる体験もし、自分にも、家族にも、そして周りの人たちにも、もっと言葉を選び使っていきたいと思いました。2日間、とても楽しく、充実した時間をありがとうございました。

40代 主婦 女性

2日間受講して、今まで「なんで?」と思っていた子どもの行動にちゃんと意味があるんだなと思いました。

子どもの個性、長所を大切にしていきたいと思います。楽しい講座をありがとうございました。

40代 パート 女性

講座を受講するまで、ネットや本で調べたりしていたのですが、いまいち我が子には当てはまらなかったり通用しなかっりで困っていました。講座では実際に我が子で困っていることをしっかり聞いて頂き、毎日できる対応方法を教えてもらえてうれしかったです。

また「発達障害」の正しい知識が知れたのもネットや本とは違い、なるほどと思えました。

40代 主婦 女性

発達障害に限らず、子どもへの温かい想い、まなざしが伝わり、私もそうでありたいと思いました。
どう関わればよいのか、本などを読んで理解していても、具体的に、実践的に分からないことが多かったのが、紐解くように学べました。
生活にもどんどん取り入れていき、笑顔で子供たちと接していきたいと思いました。

30代 会社員 女性

クラスでは先生の指示が聞けないことが多く、学校の先生から注意をされるのですが改善せず困っていました。

三浦先生は小学校のことも良く分かっており、学校の先生へのお願いの仕方や、子どもへの具体的な伝え方を教えてもらうことができて、本当に受講してよかったです。ありがとうございました。

体験談
[体験談]発達障害の息子が新しい世界を見せてくれて、私も毎日とても楽しいです。【子ども発達インストラクター講座】

Copyright© 日本メンタルコーチング学院 , 2020 All Rights Reserved.