イライラしない!親力(おやりょく)講座とは

講座概要

変化重視のカリキュラムで、「通学」だからなんでも質問できる!

親力(おやりょく)とは、「親としての力」のことです。

「怒りすぎない。見守っても過干渉しない。甘やさずに正しく褒める。自分で考える力を育てる。」など、大切だとわかっていても日々の忙しさの中で後回しになっていませんか?

「分かっているけど、なかなかできない」を、親がストレスをため込むことなく、だれでも簡単にできるテクニックとして実戦形式で学べます。

幼児期から思春期・反抗期まで、ずっと使える子どもとの関わり方が学べます。
子どもとの関係を見直したい方、子育てを通じて人生を楽しくしたい方、子育てのアドバイスをしたい方におすすめです。

こんなお悩みはありませんか?

親力 子育てママのお悩み

子育てはテクニック!?知っていればできる!

ひとつの命が誕生した時から始まる「親子」という関係。

それは“親”となる者に、大きな変化をもたらします。
子どもとのかかわりを通して、あなたの人生が楽しくなることが我々の目指すゴールです。

どんな子育てにも共通するスキルを、だれでも簡単に実践できるように公式にしました!
『子育ての公式=親力メソッド』を身につけて、楽しい毎日を手に入れましょう!

コーチングNLP、発達心理学、脳科学などの心理技術を取り入れた
『子育ても自分の人生も楽しくなる方法』を、お菓子を食べながら楽しくお伝えします。

  • 子どもを「怒る」のではなく、客観的に「実況」する
  • 「やらせる」のではなく、「やりたい」を引き出す
  • 「手助け」するのではなく、「セーフティーネット」になる

これだけで、子育てもあなたの人生も楽しくなっちゃいます!

親力開発者【三浦くみ子】です!

親力講座開発者 三浦くみ子

「親力(おやりょく)」開発者の三浦くみ子です。

スクールカウンセラーを6年間、そして心理カウンセラーとして、親子関係のカウンセリング・支援を20年以上行っております。

自身も1男2女を育て、何度も同じことで注意しても変わらない子どもにイライラして怒りすぎたり、心配とイライラと戦いながら受験を親子で乗り越えるなど、子育ての様々な苦労を経験してきました。

子育てには教科書もないですし、正しいやり方を教えてくれる人がいないからこそ、試行錯誤しながら毎日とても頑張っていらっしゃると思います。

子どもは、一人一人性格が違うので、同じやり方がすべてのお子様に良いわけではありません。

しかし!伝え方の簡単なテクニックを使うだけで、イライラしない子育てができるようになります!

「親力」で、
子どもとの時間を穏やに過ごせる方法を学んでみませんか?

まずは【入門編】から!

まずは【入門編】をご受講ください。

幼児期~思春期まで、ずっと使える子育てを学んで頂けます。
どなたでもご参加OK!お気軽にご参加ください。

  • イライラしない子育てをしたい方
  • 自分の子育てのやり方があっているか確かめたい方
  • 自信をもって子育てがしたい方
  • 子どもの自信・やる気、自己肯定感を育てたい方
  • 自主的に動く子どもになってほしい方

講師: 三浦 くみ子(親子関係専門心理カウンセラー)

時間: 2時間 × 1日

親力講座(入門編)はコチラ

受講された方の感想

子育て講座をはじめて受けました

今までこのような講座や勉強会には参加したことが無かったのですが、子どもが大きくなり口ごたえしたり、反抗的な態度を取ったりと、今までとは違う様子があり、どうしたらいいのかと考える事が増えていました。そんな中、この親力講座を知り参加しました。

付いていけるかドキドキしましたが、始まってすぐにそんな不安はなくなり、久美子先生の楽しいトークで時に大笑い、時にビックリしながらのあっという間の2時間でした。

受講して本当に良かったです。安心と納得をたくさんいただけました。
またぜひ受講したいです!ありがとうございました。

「~なら~になるよー!」の言い方

普段あまりガミガミ言わない方ですが、
「宿題しなかったら、いい学校に入れなくて、人生の選択肢が少なくなっちゃうでしょ!」と、つい最近言ったばかりでした。

でも、考えてみたらそんなことないですよね(笑)。
やる気になったら人はやるし、この宿題を一つやらないだけで、そうなるわけではない。
子どもからしたら何言ってるんだろう?? ですね。

でも、
「〇◯なら〇◯になれるよー。◯〇ができるよー」と言われたら、
それは嬉しくなるし、希望が見えるし、
すぐに宿題をやるかどうかは別として、子どもが親に応援してもらってる気持ちになれますね。

私は、家族を守ろう!って思ってやってきたのに、真逆なことをやってきてしまったように思います。
ここから頑張ろうと思います!

「やる気のない子」「やらない子」に育てる声かけ

「子どもの立場になって、私の言葉を聞いていてくださいね」
と先生に言われたので、素直に子どもになったつもりで聞いていました。

これは、先生が授業でやってると分かっていても、泣きそうになりました。

特に「だから あなたはダメなのよ!」
これは、全否定ですものね。
文字で読んでても こわいです。

でも、よく言ってしまっていました。
これは、言ってはダメです。

じゃあ、何て言えばいいか?
それが分からなかったのですが、先生は一つ一つ疑問に答えて脱線してくださるので(笑)、今日から言い方を変えたいと思います!

こうすればいいんだ!という正解が分かって、急に力が抜けた感じです。
なんか、私も応援されてるんですねー。嬉しいです(涙)

ホッとした気持ちになれました

いつも何となく「これでいいのかな」と思いながら子どもと接してきましたが、
親力講座を受講して、もっと気楽でいいんだ、大丈夫だと思えました。

講座が終わったころにはとてもホッとした気持ちでした。

迷いや不安が軽くなりました

自分の中で迷いながら子育てをしていて、声のかけ方や日頃の接し方に不安を感じていました。

しかし、具体的な方法やタイミングなど日常の生活に合った方法を教わり本当に目からうろこでした。本当にありがとうございました。

育児に対する考え方が変わりました

育児に対してこうしなければならい、こうあるべきという思いがとても強いのが分かりました。

子どもの為と思いながら、本当はそうでは無かったこと、本当の原因が分かったことは大きな収穫でした。

これから自分が何をすればよいのかが分かり、イライラやモヤモヤが無くなりました。
ありがとうございました。

親力メソッドのご紹介

親力メソッドの代表的な方法が「レポーター法」です。

子どもがわがままを言っているとき、怒っているとき、機嫌が悪いとき・・・

一緒にイライラしてしまうことはありませんか?

「レポーター法」では、親は現場の実況中継をするレポーターのように、客観的に子どもの言葉を受け取り、質問をします。

レポーター法

子どもが感情的になっていても、親はレポーターという立場を忘れないことがコツです!

「~と言いながら怒っております」「~がイヤなようです」「~がしたいと言っております」「~と考えているそうです」など、レポーターとして子どものことをレポートしていくことで、子どもにイライラすることなく会話ができるようになります。

レポーター法のメリット

・親子の信頼関係が強くなります

・子どもの自己肯定感が高くなります

・自分で考える力が身につきます

講座のご案内

親力講座【入門編】

はじめて受講する方は「入門編」からご受講ください。

幼児期~思春期まで、ずっと使える子育てを学んで頂けます。
どなたでもご参加OK!お気軽にご参加ください。

  • イライラしない子育てをしたい方
  • 自分の子育てのやり方があっているか確かめたい方
  • 自信をもって子育てがしたい方
  • 子どもの自信・やる気、自己肯定感を育てたい方
  • 自主的に動く子どもになってほしい方

講師: 三浦 くみ子(親子関係専門心理カウンセラー)

時間: 2時間 × 1日

親力講座【入門編】はコチラ

親力講座(全4回)

【入門編】を受講した方が対象です。

子育てのコツとテクニックを身につけて、子育ても人生も楽しくしたい方のための本講座です。

すぐにできる!すぐに使える!
子どもへの接し方、伝え方、トラブルへの対処法などを、具体的な事例と共にお伝えします。

あなたの疑問・質問にもお答えします!お菓子を食べながら楽しく学びましょう✾

講師: 三浦 くみ子(親子関係専門心理カウンセラー)

時間: 2.5時間 × 4日間

親力講座はコチラ

更新日:

Copyright© 日本メンタルコーチング学院 , 2019 All Rights Reserved.