アダルトチルドレン お知らせ ファミリーコーチングNLP講座

【40代、50代】子育てがひと段落。見えてきた自分の問題、夫婦のズレ。心理学で解決へ!

2024年1月29日

こんな思いはありませんか?

子どもが大きくなって、子育てがやっとひと段落。

今までは子どものことや仕事で忙しくて、
夫婦のことなんて意識もしていなかったけど、

夫婦だけの時間が増えたら、
じわじわと夫との感覚のズレ気持ちのズレが気になってきた。

「私はずっとこの人と一緒にいるのかな?」

子育て中は色々と悩むことが多かったから、私もダメなところいっぱいあるけど。

でも、夫にも何かあると思う。

「このままの生活を続けていって、私は幸せだと思えるのかな?」

いや、思える気がしないな。

親との関係も、

この年齢になっても、まだ親と会うとなると億劫な気持ちになる。

年老いてきたし、世間体もあるから世話もしなきゃいけない。

でも、会うのがシンドイし、

会うたびにイライラする。

「このままの生活があと何十年続くんだろう」

「このままで歳とっていくのはイヤだ!」

「私が幸せになる方法ってあるのかな?」

ずっと気になっていた心理学を学んで、

人の役に立つことをしたり、

これから何ができるかを考えて、実現したい!

代表の三浦も、40代から心理の世界に!

「若い人たちと一緒だと、気おくれしそう。」

「価値観が合わないかも。」

そんな心配をしていませんか?

代表講師の三浦くみ子は、40歳を過ぎてから心理の世界に入りました!

ですので、皆さんと同じです。

何歳になっても、学び続けることができます。

何歳になっても、変わることができます。

そんな私だからこそ、あなたの今までの気持ちも共有できますし、

あなたの悩みも手に取るように分かります。

 

現在の「ファミリーコーチングNLP講座」の受講生の約60%が、子育てがひと段落した方たちです。

40代、50代の人生経験を積んできた方のほうが、心理を学ぶ大切さを理解できるので、
そのくらいの年齢から学び始める方が多いのです。

安心して私たちの仲間になってください!

 

なんとなく感じている
生きづらさの原因って何だろう?

こんなお悩みはありませんか?

  • 「完璧にやらないと」という思いが自分の中にあり、気持ちが安らがない
  • 努力をしていないと、人から責められているような気がする
  • 気持ちが焦ってしまうことが多い
  • 子どもから相談されることが多く、心配が尽きない
  • 子どもが自立したはずなのに、忙しさが変わらない

これらの「○○しなくちゃいけない」という気持ちや「不安感」が生まれる原因として、

アダルトチルドレンや、

あなたの中の拮抗禁止令が原因になっていることが多くあります。

あなたが子供だった頃に、

「ちゃんとしなさい」

「早くしなさい」

「ミスしちゃダメよ」

「なんでもっと頑張らないの!?」

など、繰り返し言われていたことはありませんか?

また、

「親を困らせたり、怒らせたりしないように、気を使ってたな」

という何となくの記憶はありませんか?

 

拮抗禁止令とは?

交流分析という心理学に、
【拮抗禁止令】(きっこうきんしれい)という考えがあります。

拮抗禁止令とは

幼少期に親から「○○しなさい」「○○じゃないとだめよ」というメッセージを繰り返し言われていた経験などから、「○○じゃなきゃいけない」というルールを自分の中に作ってしまっている状態です。

親は、正しいこと。あなたのため。と思いながら「○○しなさい」と伝えていることが多いです。

そのため、拮抗禁止令には社会で必要な「人の嫌がることはしない」「他人には親切に」など、最低限の必要なルールを伝えている。という側面もあります。

一方で、過度なメッセージは「強迫観念」が生まれてしまったり、「○○しないと私の存在価値はない」などと、心を強く支配してしまうことがあります。

 

5つの拮抗禁止令

1.強くあれ(be strong)

  • 「弱音を吐いてはいけない」と辛さを我慢してしまう
  • 「自分で何とかしないといけない」と思い、人を頼れない

2.急げ(hurry up)

  • 親から「ちゃんとしなさい。急ぎなさい。早くしなさい。」と言われながら育ってきた
  • 急げと言われていないときでも、焦ってしまう
  • 「作業をスピーディーにやらないとダメだ」と思う
  • 子どものことも「早くしなさい」と急かしてしまう
  • 「リラックスしてないで、早く仕事をしなきゃ」と思ってしまう

3.人を喜ばせろ(please others)

  • 自分の事は二の次にして、とにかく、人が喜ぶように、人が安心するように動かなければいけないと思っている
  • 他人に親切にして喜んでもらわないと、自分には価値がないと思ってしまう
  • 自分の気持ちより、相手の気持ちばかり優先してしまう
  • 「自分を大切にする」という感覚が分からない
  • 「他人に嫌われる」ことが怖い

4.完璧であれ(be perfect)

  • 完璧主義者である
  • 「徹底的に完璧を目指さないと許されない」と思っている
  • 自分にも他人にも厳しい
  • 完全でないことに不安や焦りを感じる
  • 失敗することに強い恐怖感がある

5.一生懸命努力しろ(try hard)

  • 仕事をやり終えても、「まだ足りないんじゃないか」と不安になってしまう
  • 家事でも仕事でも、疲れるまで頑張ってしまう
  • 努力することをやめられない
  • リラックスすることに罪悪感を感じる
  • 「完璧にしないと、自分に意味がない」と感じている
  • 子どもが頑張っていない姿をみるとストレスを感じる

あなたはいかがですか?

 

「アダルトチルドレン」や「拮抗禁止令」を
解決するとどうなるの?

  • 日々の気持ちが軽くなります
  • 子供との関係が良好になります
  • 「お母さん、なんか変わったね」と子どもに褒められます
  • 夫婦関係も今までと変わって、自分らしくいられるようになります
  • 夫の行動や言動に対しても意味が分かるようになり、対処が楽になります
  • 自分の時間を心から楽しめるようになります
  • 自分を大切に思えるようになります

 

これからを考えるあなたには
「ファミリーコーチングNLP講座」総合コースがおススメ!

「ファミリーコーチングNLP講座」の
総合コースがおススメの理由

現在のあなたの考え方の元となっているのが、親の影響や、幼少期の環境、積み重ねてきた体験です。

総合コースで学ぶことで、自分の思考の幅が広がります。

「思考の幅が広がる=選択肢が増える」ことで、
「○○じゃなくても大丈夫かもしれない」という考えが生まれ、「○○しなければ」から解放されるのです。

状況に応じて「自分で選択できる」というのは、
あなたの自信につながりますし、生きづらさから解放してくれます。

ファミリーコーチングNLP講座

 

2月25日までのお申し込みがお得!

2024年2月25日までお得に受講できる割引キャンペーンを実施中!

 

オンライン説明会で不安を解決!

当学院では、あなたの目標に合わせたサポートを大切にしているため、

オンライン説明会でまずはお話を聞くことを大切にしています。

説明会にて体験授業のご予約も賜っておりますので、下の日程よりお選びください。

※日程が合わない場合は info@ms-next.jp までご連絡ください。可能な限り調整いたします。







こんな方におすすめ
  • 心理カウンセラーになりたい方
  • 保護者と話す機会の多い教育関係のお仕事の方
  • 家族と関わる機会の多い看護師、ケアマネージャーの方
~*~*~*~*~*~

何回でも振替え自由!
目的に合わせてコースが選べます!
月々約7,000円から受講可能!

日本メンタルコーチング学院は、
新たな一歩を踏み出すあなたをしっかりとサポートします!

詳しくはコチラ





子ども発達インストラクター講座
子どもの発達障害(神経発達症)や、成長の凸凹があるお子様について正しく理解し、
実践的なサポートが学べます。

★ 最新のポリヴェーガル理論で、困った行動への対応が楽になります。

★ 認定資格が取得できます。

~*~*~*~*~*~

こんなことが学べます

「発達障害と脳の仕組み」

「日々の困りごとへの対応」

「発達障害児ならではの声掛けの仕方」

「学校など集団生活での困りごとへの対処方法」

「将来、自立して自分らしく生きるために、今できる子育て」

~*~*~*~*~*~

2日間で集中して学びます!

オリジナルのテキストを使って、分かりやすくお伝えするのはもちろん、
通学だからこそ、あなたが本当に知りたいことを先生に直接質問して頂けます!

詳しくはコチラ





心理講座のご案内


★ ファミリーコーチングNLP講座

★ 上級ファミリーコーチングNLP講座

★ 子ども発達インストラクター講座

トップページへ戻る

-アダルトチルドレン, お知らせ, ファミリーコーチングNLP講座