くみ子先生 子育て 発達障害

「~しちゃダメでしょ!」の理解が難しいグレーゾーンの子ども達

こんにちは!

学院長の三浦くみ子です。

毎日コロナウィルス感染症の話題や、それにともなう中止、延期の話題で、
春が近づいているというのに、気分が上がりにくい今日この頃。

それでもちょっと顔を上げて街路樹を見ると、桜の蕾はふっくらしてきています。

樹全体が、うっすらピンク色に見えてきました。

春はもうすぐそこですね!

「~しちゃダメでしょ!」の理解が難しい
グレーゾーンの子ども達

ある受講生様から、こんな話が出ました。

「うちの子、ゲームをやったり漫画を読んだりしていると、
ふと気がつくとソファに座らずにローテーブルに座ってるんですよ。
毎回きつく怒ってるんですけどねー。」

 

どのように注意しているのかをお聞きしたところ・・・

「何やってるの!
テーブルに座っちゃダメって言ってるでしょう!
何十回言わせるの!?」

こんな感じで毎回しつこく注意をしているのに、何度言っても聞いてもらえない、とのこと。

 

否定形の言い方は「脳」が理解しにくいのです。

たとえば、

「テーブルに座っちゃダメ!」と言われたとすると、

大多数の子どもたちは、

「テーブルに座っちゃダメ!
ということは・・・なるほど、ソファに座れってことか!」

と、自分の頭の中で“ことばの変換”をするのですが、

 

もともと“脳”は否定形を理解するのが苦手であり、

発達の凸凹っ子の多くはこのような “ことばの変換”が苦手。

 

彼らは「素直に言われた通りを受け取る」タイプ

なので、

「テーブルに座っちゃダメって言ってるでしょう!

→「テーブルに座る、ダメ、お母さんが怒ってる」

という情報だけを受け取って、

怒られたというイヤな気持ちだけをため込んでしまいます。

 

私は何をしてほしいのか?
やってほしい行動を言おう!

「○○しないで!」 という言い方は

考えなくてもスーッと出てきますが、

それで、どうしてほしいのですか?と聞くと

「え!? えっと・・・あ!
テーブルから降りなさい、ですね!」

と、少し考えて思いついてニッコリ!

「なるほどー!今日からこういう風に言ってみます!」

私も昔は否定形で注意をしていました。

だから、なかなかうまくいきませんでした。

 

たとえば。

「教室であばれちゃダメよ!」

 →「自分の椅子に座るよー!」

 

机の上にハサミを置きっぱなしの時、

 →「ハサミってどこにあったっけ? 元の場所に置いてきてね!」

 

「そんなことする時間じゃないしょ!?」

 →「今、何をする時間だっけ?」

 →子どもが「歯みがき」などと言ってきたら・・・

 →「ピンポーン、正解!」とハイタッチ!

 

あなたも是非実験してみてくださいね。

 

純粋に言葉を受け取っているだけで、イヤミでも嫌がらせでもないのです。

たとえば、先ほどの会話に対して子どもはこんなことを言うかもしれません。

「何やってるの!?」

 →「漫画を読んでるんだよ。見ればわかるだろ!」

「何十回言わせるの!?」

 →「言わせてないよ。お母さんが勝手に言ってるんじゃん!」

 

お母さんは、そういう意味で言ったわけではないのでイライラが爆発したりします。

学校でもあまりにもストレートに言うことで、トラブルになることが多くあります。

 

「太ってるから、給食少なくした方がいいんじゃない?」

(いつも席を立ったりしていても、クラスがザワザワしていると)

「自習の時にしゃべっちゃいけないんだよ!」

本人は真面目なので、一生懸命言うのですが、

周りの子たちからすると・・・

こんなことがよくあります。

 

だからこそ、
周りの大人たちが ちゃんとした知識をもって
上手にサポートすることが、非常に大切だと思っています。

発達障害を理解して
お互いに楽しく生活していくために

そもそも「発達障害とは?」という基本から、

「本当は何が問題なのか?それを防ぐためには?」という

なかなか聞けないリアルな問題と解決方法を身につけることができます。

 

「子ども発達インストラクター講座」

今回はコロナウィルスの感染予防のために【オンライン(ZOOM)講座】で開催します。

あなたがどこに住んでいても、パソコンかスマホがあれば、視聴・参加できます。

「子ども発達インストラクター講座」

【1日目】
3月21日(土)10:00~15:00

【2日目】
3月22日(日)10:00~15:00

または

【1日目】
3月27日(金)10:00~15:00

【2日目】
3月30日(月)10:00~15:00

(各日 お昼休憩1hあり)

※1日目と2日目は組み合わせを変更できます。

 

  • こんなことは教えてもらえるだろうか?
  • うちの子の場合はどうか、知りたいのですが。

など、事前にお問合せ頂くことも可能です。

 

具体的な対応方法などを講座の中でお答えできると思います。

きっとあなたが楽になる2日間となるでしょう。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

三浦くみ子でした!

詳細はコチラ
子ども発達インストラクター講座








コーチングNLPゼネラリスト講座

「ストレス」「不安」「トラウマ」「人間関係」「自己肯定感UP」
未来を変える心理スキルが身につき、人生が変化する!
コーチとカウンセラー、2つの認定資格が取得できる!

~*~*~*~*~*~

こんな方におすすめ
  • 自己肯定感を上げたい
  • イライラしない穏やかな自分になりたい
  • 周りの顔色を気にせずに過ごしたい
  • ストレス解消を上手にできるようになりたい
  • 子どものやる気を引き出したい
  • 母親、父親、パートナーといい関係を築きたい
  • アダルトチルドレン・毒親を克服したい
  • 悩んでいる人の助けになりたい
~*~*~*~*~*~

何回でも振替え自由!

あなたの都合に合わせて受講できます。

日本メンタルコーチング学院は、 新たな一歩を踏み出すあなたをしっかりとサポートします!

詳しくはコチラ


★受講を検討中の方は【授業見学&相談会】へご参加ください!



子ども発達インストラクター講座

子どもの発達障害(神経発達症)や、成長の凸凹があるお子様について正しく理解し、 実践的なサポートが学べます。

★ 保護者、支援者向け。

★ 認定資格が取得できます。

~*~*~*~*~*~

こんなことが学べます

「発達障害と脳の仕組み」

「日々の困りごとへの対応」

「発達障害児ならではの声掛けの仕方」

「学校など集団生活での困りごとへの対処方法」

「将来、自立して自分らしく生きるために、今できる子育て」

~*~*~*~*~*~

2日間で集中して学びます!

オリジナルのテキストを使って、分かりやすくお伝えするのはもちろん、 通学だからこそ、あなたが本当に知りたいことを先生に直接質問して頂けます!

詳しくはコチラ




心理講座のご案内


★ 授業見学 & 相談会

★ コーチングNLPゼネラリスト講座

★ コーチングNLPチーフゼネラリスト講座

★ 子ども発達インストラクター講座

トップページへ戻る

-くみ子先生, 子育て, 発達障害

Copyright© 日本メンタルコーチング学院 , 2020 All Rights Reserved.