子育て 心理学講座

「褒める子育てが苦手」でも大丈夫

投稿日:

家族関係専門家の三浦久美子です。

本日は、セルフアップ・カウンセラー講座(基礎コース)でも扱う「発達心理学」についてのお話です。

生まれてから死ぬまで、人は心も身体もずーっと発達し続けます。

赤ちゃんの時期、子どもの時期、思春期の時期、大人になった時期、

それぞれの時期にどんな発達をするのか、

そして、子どもの生きる力を伸ばすために、

その時期に親はどんなサポートをするといいのかを「発達心理学」のレッスンで学びます。

 

受講生は幼稚園のお母さまから、

社会人になったお子さんのお母さままで、お子さんの年齢もさまざまです。

 

それぞれのお子さんの発達段階を省みながら「あの時こうすればよかった!」や、

「あの子のこういう行動は、この発達段階だからなのね」などなど

気づきがいっぱいの講座でした。

知ることで「こういうものなんだ」と納得できるので、必要以上にイライラしなくなるんですね^^

さて、幼児期や学童期の子育てでは「ほめて育てる」

ということが大事だと、よく言われています。

でも、受講生のみなさんは

「どこを、どんなふうにほめていいのかわからない」

「子どもにおべっかを使っているような気がする」

「ほめたら、子どもに『わざとらしい・・・』って言われました(>_<)」

「そもそも、うちの子はほめるところがないし(涙)」

と、ほめることの難しさを実感していました。

 

みなさんはいかがですか?

 

ほめる親も、ほめられる子どもも、お互いに違和感があると
とても「ほめて育てる」なんて無理ですよね^^;

 

講座では、

「どうして子どもはほめられると違和感を持つのか」

「どんなときに、思いっきりほめると効果的なのか」

「ほめなくても、ほめるところがなくても、
子どもが自己肯定感と安心感を高められる言葉がけのコツ」

 

などなど、ほめることが苦手なお母さまたちに向けた秘訣をたーっぷり伝授しました。

 

実際に、お母さん役と子ども役でそれぞれ言ってみる、言われてみる、を体験していただくと

「ほめられると、逆にプレッシャーを感じて気が重くなった」

「こんな言い方だと、気にかけてもらってる感じで嬉しい!」

と、改めて言われた子どもの気持ちを実感されたそうです。

 

「ほめる」よりもカンタンで、親も子どもも嬉しい子育てのコツも講座でご紹介しています^^

勉強をご検討中の方

無料相談会に参加する

お気軽にご参加ください。

心理学セミナーを体験!

無料メールセミナー

お名前とメールアドレスで簡単に登録できます。

-子育て, 心理学講座

Copyright© 日本メンタルコーチング学院 , 2018 All Rights Reserved.