心理テクニック

1日3分でこころも体も癒される方法

投稿日:

こんにちは。

親子関係専門家の三浦久美子です。

カラダは心のメッセンジャー

たとえば、

辛い事があった時や、

神経を使う場面が多い時、

身体に力が入っていたり、肩がキュッと内側に入っていたりして、

カチコチになってしまうことってありませんか?

これは

「今、心がカチコチになってますよー」

ということを、カラダが教えてくれているんです。

 

頑張り屋さんの方ですと、
自分の心がストレスを抱えていたり、
疲れていることを“気にしない”習慣が身についていて、

“自分をいたわる”ことに目を向けないことが多いかも知れません。

 

でも、カラダがカチコチになると
そんな方でも「あー、疲れてるな~私」と気付いてくれますよね。

そう、カラダは、あなたの心のメッセンジャーなのです。

肌に触れると、脳が癒される!?

細胞レベルのお話ですが・・・

実は人間が生まれる時。

受精卵から細胞分裂していく頃のことです。

 

その細胞分裂の早い時期に《外肺葉》という部分から出来るのが

カラダの表面を覆う「表皮」などと、脳や脊髄などになる「神経管」。

つまり、
「皮膚」と「脳」は細胞の中の同じ部分から分化していくので、
言うなれば、祖先が一緒の親戚同士。

分化してからも影響を受け合って当たり前なのです。

つまり

脳が疲れていたら、皮膚に優しく触れたり、皮膚のコリをほぐしてあげれば、

スーっと心をほぐすことが出来るわけです!

 

頭皮マッサージのススメ

先日、アロマセラピストの 鵜飼喜周野先生に
頭皮マッサージを教えてもらいました。

両掌を怪獣のようにガバッと広げて
両耳のところにガオー!と装着。

そこから力を入れて、グググーっと頭頂に向けて皮膚を持ち上げていきます。

そして、
頭の上の方のあなたが気持ちいい場所をグーーっと押す。

指を離した時に
フハー!とさっぱり感を感じられるかも知れません。

そして今度は前後から持ち上げます。

前髪の生え際に、怪獣の手をガオー!と入れ、
反対の手を頭蓋骨の一番下部に差し込み、

同じようにグググーっと
頭頂に向けて皮膚を持ち上げます。

そして気持ちのイイ場所でグーーっと押す。

回数は2~3回でも十分に気持ちよくなりますよ!

 

カラダを優しく撫でると 気持ちが落ち着きます

今度は身体の皮膚から心をほぐします。

首から肩、特に鎖骨の部分はリンパの流れの最終地点。

腐敗物がたまりやすいところです。

また、手の甲から腕にかけてはいつも酷使されている場所です。

 

これらのところを優しくやさしく、なでてあげてください。

「いつもありがとね~。
リラーックスしていいよ~。」

こんな癒しの言葉をイメージしながら優しく撫でてあげると、
心が緩んでいくことができます。

怒っていたり、泣いている人の手の甲を、優しくなでるだけでも
興奮がおさまってくることもありますよ。

ぜひ試してみてくださいね!

ポイント

心の疲れを皮膚から癒やそう!

リラックスしなければと思っても、
運動もそんなに好きじゃないし、
どこかに出かけて気分転換する時間もないし、

なんていう方にもこれならいつでもどこでも出来ます。

そして、なんといっても気持ちいい!!

できれば 誰かにやってもらえると自分でやる数倍気持ちイイです。

ぜひどなたかとやり合いっこしてくださいね!

勉強をご検討中の方

無料相談会に参加する

お気軽にご参加ください。

心理学セミナーを体験!

無料メールセミナー

お名前とメールアドレスで簡単に登録できます。

-心理テクニック
-

Copyright© 日本メンタルコーチング学院 , 2018 All Rights Reserved.